なぜ眠れない?原因

きちんと睡眠時間をとって眠るための環境を整えているのに、布団に入ってから何時間も眠れない、眠ってもすぐ目が覚めてしまう、朝早く覚醒してしまうなどの症状が続き、睡眠不足のため日中の眠気、体の疲れ、だ・・・

記事を読む

睡眠不足になるとどうなるの?

寝不足の初期症状は眠気から来る注意力散漫や重だるさ、免疫力が低下することによる風邪や口内炎や皮膚の荒れなどですが、寝不足が常習化するとさらに重篤な症状が現れます。高血圧からの血管の病気(心筋梗塞や脳卒中、動脈硬化など)やがん、アルツハイマーやうつなど、脳の機能にも影響が出てきます。

記事を読む

短時間睡眠の著名人

「睡眠は大事とは言うけど、1日24時間しかないのに7,8時間寝ていたらやりたいことが出来ない!」って思っている人は多いもの。 「短時間睡眠でもハツラツと活動的に動けたら」と思いませんか? ・・・

記事を読む

何時間が適正な睡眠時間なの?

子供はよく眠った方が頭よくなる? 睡眠不足は集中力や免疫力を低下させ、精神不安定になったり、重篤な病気に繋がる危険もあります。 では大人の最適な睡眠時間は何時間でしょうか? アメリカの100・・・

記事を読む

瞑想の効果

瞑想とは 今欧米の大企業のグーグルやYahoo!、Facebook、アップル、インテルなどの多くの企業で取り入れられているのは「マインドフルネス」という、科学的に効果が実証されている瞑想が急速に・・・

記事を読む

昼寝の効能~ガンから美肌まで~

成長ホルモンとメラトニンの働き 睡眠の最大の目的は身体機能の修復です。 眠りの最初の3時間で最も深い眠りに入り、その時に大量の成長ホルモンが分泌され、子供は成長します。 他にも成長ホルモンは・・・

記事を読む

昼寝のススメ

食事を終えた午後、強烈な眠気に襲われたことはないでしょうか? 「ごはんを消化するために胃に血が集まっているせい」と思っている方も多いのですが、実は体内時計のせいなんです。 半日周期の体内時計の・・・

記事を読む

夏の快眠方法

夏は1年中でいちばん汗をかく季節なので、布団の中の環境も大きな影響を受けます。 布団の中の温度は1年を通じて33度前後とほぼ一定していますが、湿度は春・秋・冬が40%~60%なのに対し、夏は80・・・

記事を読む

冬の快眠方法

私たちの体の調子を整える自律神経には交感神経と副交感神経があります。 活発に動くときには交感神経が、リラックスするときには副交感神経が優位になります。 寝る前には交感神経が急激に低下して副交感・・・

記事を読む

快眠するためには

メラトニンの分泌を促す 朝、目覚めてから14~16時間後位にメラトニンという眠気を誘うホルモンが徐々に分泌され、その分泌量が増えると共に深部体温が低下し、体が休息モードに入り眠気を感じるようにな・・・

記事を読む

睡眠障害を引き起こす病気

何をしても熟睡感を得られなくて体調が悪い、スッキリしないという方は、以下の病気が潜んでいるのかもしれません。 症状に思い当たる方は、迷わず専門医を受診されることをお勧めします。 ナルコレプシー・・・

記事を読む

オススメ睡眠アプリ

快眠をサポートしてくれる数あるアプリの中から、レビューの良さや使いやすさ(日本語対応など)を独自に総合して、10のアプリを選抜しました。 眠りにいざなう音楽を選べるものや、眠りが浅くなったところ・・・

記事を読む

テロメアの長さと短時間睡眠

最近結構注目されていますね、テロメア。 2017年1月に出版された1000人を超す科学者たちの成果をまとめたテロメア研究の集大成が大きな反響を呼び、20か国以上で出版が決まりました。著者はノーベ・・・

記事を読む

トップへ戻る