冬の快眠方法

私たちの体の調子を整える自律神経には交感神経と副交感神経があります。

活発に動くときには交感神経が、リラックスするときには副交感神経が優位になります。

寝る前には交感神経が急激に低下して副交感神経が優位な状態になり、体の力はぬけて穏やかな気分になります。

冬はこの副交感神経が高まりやすく、眠りはじめにも低下しにくいので寝つきが悪くなります。

そこで冬は眠り始めに、副交感神経を高めるツボを温めるといいでしょう。

副交感神経が集まる副交感節は、首と仙骨にあります。

仙骨とは腰の下でお尻の真ん中あたりにある逆三角形の骨です。

この場所を温めると、副交感神経の働きを高めることが出来ます。

眠る前に柔らかい湯たんぽやホットパックで首や仙骨を温めると1時間後くらいに自然に眠くなります。

眠くなったら温めていたものをはずして寝床へ入りましょう。

電気毛布もですが、温めるものは眠る直前には外したり止めましょう。

深部体温を下げて深く眠るためには体から放熱し、汗をかくことが重要です。

もし何かで布団や体を温めたままだと、体温を下げることが出来ずに眠りが浅くなってしまう危険性があります。

が。

快眠できる理想的な布団の中の温度は33±1℃、湿度が50±5%(RH)です。(日本睡眠化学研究所実験)

そして快眠に理想的な冬の寝室の温度は16℃~19℃前後、湿度は50%前後。

この条件から大きく外れていなければ布団を温めるのは眠る直前までがベストなのですが、例えば古い住宅なので室内が暖まらずとても寒いという方もおられるかと思います。

その場合は電気毛布(敷くタイプ)を眠る時は最低温度にする、靴下は放熱のために履かないなどの工夫をして、寒くて眠れないということのないよう、それぞれ快眠出来る環境を作りましょう。

下の図は布団の東京西川の公式ホームページの画像です。

参考になさって下さい。

総括

冬は寒がり、暑がりの体感温度の違いが如実に出る季節かと思います。

私の両親はとても暑がりで、冬でも冷たい夏用のシーツとペタンコで重い綿の布団で寝ています。

反対に私は寒がりで、起毛のモコモコシーツに毛布2枚掛けの上に厚い羊毛布団を掛けて寝ています。

これでそれぞれ快眠なのです。

ですので自分の快適と感じる寝具や暖房を捜すのも重要なのかと思います。

例えばエアコンやヒーターの音がうるさくて眠れないという人はパネルヒーターにするとか。

パネルヒーターは燃焼系の暖房よりパワーは劣りますが、部屋の隅に石を熱して置いておくような、じんわりした温かさだそうです。(使用している人談)

ちなみに前述の超暑がりな私の両親ですが、夏は更に夜中ずっとエアコンフル稼働26度以下です。with扇風機。寒いです。

北欧人かもしれません。

ちなみに私昔、浅草の浅草寺で、極寒の正月に半袖で歩き回る北欧人の集団を見たことあります。

ホント人によって体感温度は違いますね。

トップへ戻る