夏の涼感快眠方法

夏は1年中でいちばん汗をかく季節なので、布団の中の環境も大きな影響を受けます。

布団の中の温度は1年を通じて33度前後とほぼ一定していますが、湿度は春・秋・冬が40%~60%なのに対し、夏は80%~90%にもなります。

この湿度の高さでは、吸湿性の低い寝具では体がグショグショになってしまいます。

一方で発汗により体温が0.5度~1度低下し、それによって快適に眠りにつくことが出来るので、発汗は必要なことでもあります。

ここで快眠に必要なのは、「吸水性・通気性の高い寝具やパジャマ」、「エアコンや扇風機の活用」です。

シーツやタオルケットの素材は吸湿性はもちろんのこと、吸い取った汗を上手に外に出す「通気性」に優れたものを選びましょう。

素材としては綿や麻が適しています。

布の「織り方」も大事なポイントです。同じ綿でもタオル地やガーゼはとりわけ吸湿性が抜群です。

表面がデコボコしているサッカー地やリップル地も、肌との接触面が小さくなることによって通気性が増すのでオススメです。

エアコンの温度は26度以下、湿度50%~60%が人が快適に眠るには理想的と言われています。

が、それだと寒いと感じる方は、26度~28度を目安に自分が快適だと感じる温度を探して下さい。

室内の空気を循環させるために扇風機を併用すると効果的です。

昼間にたまった熱気は壁や天井に溜まっていますので、寝る1時間前には冷房と扇風機で室内を十分に冷やしておくことが大切なポイントです。その際にはふとんをめくって中を冷やしておきましょう。

ずっとエアコンを入れておくのが苦手という方は、最初の3時間に体の深部体温を効果的に下げるため、就寝の3時間以上後にエアコンが切れるように設定するといいでしょう。

また、快眠するためには室内の湿度は温度より重要です。

寝室の温度が26度以下の場合でも湿度が高いと寝苦しく感じることがあります。

人は眠りにつく時に汗をかいて深部体温を下げます。

その時に湿度が高いと睡眠中にかいた汗が蒸発せずに体にまとわりつき、快適な睡眠を邪魔します。

ですので湿度が極端に高い日などは、就寝時のエアコンは冷房よりドライの方が快適にお休みになれる場合があります。

また、頭を冷やして眠りたいという方は、冷やすのは耳から上の脳の部分を冷やすと快適に眠れます。

悩み事で眠れない人も、活動で高くなった脳の温度を物理的に下げると悩むことが出来なくなり、眠りやすくなるのでオススメです。

柔らかい氷枕や保冷剤、乾いた冷凍タオルなどをつかって耳から上を冷やしてください。

耳から下の首のあたりを冷やしてしまうと、逆に脳が目覚めてしまうので注意が必要です。

夏に快適に寝るには、吸湿性はもちろん、汗を乾かすことが重要です。

寝入りばなには大量の寝汗が出る子供は、背中にタオルを入れておいて寝たらはずす、湿った下着を替えるなど、汗が冷えて風邪を引くことのないよう、注意が必要です。

特に都会ではアスファルトの放射熱が夜まで続いて暑くて眠れないという方も多いかと思います。

人は眠ると体温が低下し、午前3時頃に最も低くなり、やがて目覚めるために徐々に体温が上昇します。

その自然の体温調節を邪魔すると起きたらだるさを感じたりすることもありますので、体温調節を邪魔しないようにエアコンを上手に使いましょう。

総括

夏に快適に眠るのは、冬より難しい気がします。

汗の始末もですが、風邪ひかないようになど、温度調整が難しいのです。

管理人はずっと夜中エアコンついていても気になりませんが、家族がつけっぱなしは嫌だと言うのでタイマーで朝方につくようにしていますが、エアコンが止まるととたんに寝苦しくなるので、正直弱めにずっとつけていて欲しいです。

そこで扇風機を使います。

嫌がる家族に当たることなく、管理人にピンポイントで風を送ってくれます。

ただし、やはり生ぬるい風よりは涼しい風の方がよかったりします。

身体に良くないのは熟睡できないことですので、エアコン駆使でも快適に眠れる環境を整えたいものです。

トップへ戻る